DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント

2017年8月の新刊!
これからの地球市民に贈る最良の入門書

■企画:DEAR「グローバル化と開発問題」研究会
■編著:西あい、湯本浩之
■著:木下理仁、近藤牧子、重田康博、田中治彦
■発行:明石書店
■2017年8月25日、A5判300頁
■価格:税込¥2,235(定価より10%お得です)
■対象:高校生以上、教員・実践者・研究者

新発行! ご注文はこちらす
参考図書・資料一覧へ戻る
この教材を使ったワークショップの講師派遣

高校生・大学生の副読本や課題図書に、開発教育実践者の指針として。

貧困、戦争、温暖化など地球規模の問題を経済成長だけで解くのはもう限界。一人ひとりが「開発」とは誰の、何のためなのかを考え、地球社会の未来を描きながらその実現に参加していく先に未来があるのではないか。

そんな思いから、一人ひとりが地球社会のあるべき姿を考え、その実現に参加していく先に未来がある。正解のない難問に立ち向かうヒントとなる幸せ、豊かさ、公正、共生など7つのキーワードを提示。DEAR内に設置された「グローバル化と開発問題」研究会の4年間の活動の集大成です。

各章の最後には、「考えてみよう」という問いかけをいくつか示しています。それらについて自分の考えを巡らせたり、周囲の方と意見交換をしたりすることをとおして、自分(たち)なりの“正解”を見つける手助けになればと考えています。

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント

7つのキーワード

  • 幸せ
  • 豊かさ
  • 公正
  • 共生
  • 平和
  • 参加
  • 居場所

もくじ

まえがき

序章 誰もが「幸せ」を感じられる世界は、本当にできるの?

 1 はじめに
 2 幸せの度合いを測る試み
 3 経済が成長すれば、だれもが幸せになれる?
 4 経済のグローバル化で「幸せ」は広がった?
 5 異なる考え方や生き方の人と、共存できるの?
 6 おわりに:どうしたらいいの?
 コラム1 スマホやエアコンを持っていたら「貧困」ではない?
 コラム2 米国トランプ政権による「アメリカ・ファースト」は反グローバリズム?

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント

第1章 「豊かさ」ってなんだろう?

 1 はじめに
 2 日本は“豊かな国”なのか?
 3 “豊かな国”の豊かではない国民
 4 「6人に1人が貧困」
 5 「豊かさ」を求めて:高度経済成長からバブル経済へ、そしてアベノミクスへ
 6 経済優先や科学技術への警鐘
 7 「もうひとつの豊かさ」を求めて:「人間開発」と「エンパワーメント」
 8 おわりに:世界でもっとも貧しい大統領の言葉
 コラム3 パナマ文書とタックス・ヘイブン

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント

第2章 「公正な社会」ってどんな社会?

 1 はじめに:「幸せ」や「豊かさ」に「違い」や「格差」があってもよい?
 2 「公正」の意味を考えてみる:ある日の高校の陸上部の練習風景
 3 「公正な社会」に必要なこと
 4 「公正な社会」を求める国際社会の動き
 5 欧米における「公正としての正義論」の登場
 6 「中立」は「公正」と言えるか?
 7 市民社会組織(CSO)が目指す公正な社会
 8 公正な貿易を求めるフェアトレード活動
 9 おわりに:「公正な社会」と日本国憲法
 コラム4 福島原発事故による避難者・被災者への補償と支援を公正の観点から考える

第3章 「多文化共生」ってどういうこと?

 1 はじめに
 2 もしも外国で暮らすことになったら……
 3 日本にいる外国人、エスニック・マイノリティ
 4 「外国人」は、なぜ生きづらいのか?
 5 「多文化共生」へ向けての努力
 6 「ともに生きる」ためには、なにが必要なのか?
 コラム5 ヘイトスピーチ
 コラム6 メディア・リテラシー

第4章 「平和な世界」ってどんな世界?

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント  1 はじめに:あなたにとって「平和な世界」とは?
 2 人類永遠のテーマ:戦争と平和
 3 「ほんとうの平和」って何?
 4 暴力のない平和な社会へ:暴力に立ち向かった4人の平和活動家
 5 平和な世界を築くために
 コラム7 「積極的平和」と「積極的平和主義」
 コラム8 「シリア難民」から考える:「文明化」は何のため?

第5章 自分らしい「参加」ができる社会づくり

 1 イベントに「参加する」?
 2 「参加のはしご」:参加の意味を考える
 3 参加が大切なわけ
 4 社会参加の目的
 5 誰もが参加できるための仕組みづくり
 6 参加型方法論の成功の秘訣:ファシリテーターに求められること
 7 社会に参加することとエンパワーメント
 8 おわりに
 コラム9 世界は変えられる――市民が作った対人地雷全面禁止条約

グローバル時代の「開発」を考える―世界と関わり、共に生きるための7つのヒント

第6章 誰にでも「居場所」がある世界に

 1 ミレニアム開発目標
 2 生物多様性の危機
 3 地球温暖化
 4 これからの世界は?
 5 SDGs(国連持続可能な開発目標)
 6 グローバル経済と人の移動
 7 グローバル化と私たち
 8 「居場所」の必要性
 9 居場所づくりの大切さ
 コラム10 はしごをはずされた英国の若者たち

終章 「自分の世界」から踏み出してみる

 1 この本をふりかえってみる
 2 「外の世界」と「自分の世界」
 3 「外の世界」とつながり、「自分の世界」を拡げる3つの方法
 4 「自分の世界」から踏み出してみる
 5 視点が変わった若者たちのはなし

〔解説〕グローバル時代の「開発」問題と開発教育

 1 はじめに:開発教育とは何か
 2 「開発」問題が分かりにくい時代の中で
 3 「ともに生きることのできる公正な地球社会づくりに参加する」とは?
 4 世界を読み解く7つのキーワードと5つの論点
 5 これからの開発教育:持続可能な開発目標「4・7」の意味と課題

あとがき――「グローバル市民」として生きる
索引

↑ページトップへ

正誤表

以下のような誤植がありましたので、お詫びして訂正いたします。

コラム2(p.44 10行目)
誤:米国で工場を作る国境税を払うべき
正:米国で工場を作るか国境税を払うべき

コラム5(p.145 1行目)
誤:日本でもヘイトスピーチ規制する法律の制定に向けて・・・
正:日本でもヘイトスピーチを規制する法律の制定に向けて・・・

第4章「平和」(p.158 10行目)
誤:1960年にはキューバ危機が起こって、
正:1962年にはキューバ危機が起こって、

コラム7(p.181 2-3行目)
誤:英語の「proactive peace」の意味・・・
正:英語の「proactive pacifism」の意味・・・

誤:この言葉を使うときには"proactive peace"のように・・・
正:この言葉を使うときには"proactive pacifism"のように・・・

終章(p.260, 4-5行目)
誤:学校の中での自分が・・・
正:学校の中での自分が・・・

↑ページトップへ

DEARの教材・書籍の利用についてお願い

  • 教材・書籍等の著作権は開発教育協会に帰属します。著作権法上の例外を除いて、教材・書籍等の全部または一部を無断で複製したり、転写・引用・入力などしないでください。
    参考:「著作権法上の例外」とは?(著作権なるほど質問箱/文化庁)
  • ワークシート等の複写による利用は、学習的な調査研究、「非営利」の教育・学習活動に限ります。例えば、学校の先生が、授業で使うためにコピーを作って児童や生徒に配布することは「著作権法上の例外」なので、問題ありません。
  • 教材・書籍等を利用して、非営利目的の講義や参加型学習プログラムを実施する際には、事前の広報資料や当日の配付資料、事後のレポート等に、使用する著作物の著作権者が当会であることを明示してください。印刷物やウェブページには、例えば、「当研修/講座で使用する教材/テキストは、開発教育協会(DEAR)発行の教材です。詳細はhttp://www.dear.or.jp/を参照してください。」等の表記をしてください。


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ