DEAR 開発教育協会

english site

大学の勉強会で「いただきます」 in 立教大学ESD研究センター(2011年1月)

  • 実施日: 2011年1月29日(土)90分
  • 主催者: 立教大学ESD研究センター
  • テーマ: いただきます
  • ねらい: 
    (1) 宗教が食生活に関わっていることを知る。
    (2) 宗教の教えの中に、食べ物や命の大切さが含まれていることを知る。
    (3) 「いただきます」の言葉の由来を知り、自分にとっての「いただきます」の意味を考える。
  • 参加者: 教員、学生、会社員、NGO関係者など24名(6人×4グループ)
  • ファシリテーター: 津久井綾子/「地球の食卓」教材作成メンバー
  • 使用教材:「写真で学ぼう!「地球の食卓」学習プラン10」(開発教育協会)
    (使用する写真:インド(ヒンドゥー教)、クウェート(イスラム教)、フィリピン(キリスト教)、ブータン(仏教))

アイスブレイキング:ビンゴ「私の食卓」

「好きな外国の料理は?」「最もよく利用するファストフード店は?」など、食に関する9つの質問が書かれたシートを配り、できるだけ多くの人にインタビューしてもらった。徐々に緊張がほぐれ、参加しやすい雰囲気になった。また、質問に答えるうちに自分の食生活を振り返ることにもなり、この後のアクティビティへの関心も高めてもらうことができた。

アクティビティ「いただきます」

いただきます

家族の宗教を当てる(フォトランゲージ)

  • 各グループに異なる写真を1枚配り、気づいたことを模造紙に書き込んでもらう。最後に、家族の住む国や家族構成、食べ物、宗教など、写真から推察できた内容をグループごとに発表してもらう。
  • グループの人たちの意見から、自分とは異なる視点に気づいたり、意外な事実を発見したりできたようである。また、国や宗教などは殆どのグループが正解するなど、かなり正確な分析ができていた。

宗教と食べ物の関係を知る(クイズ)

  • 4枚の写真を見ながら、「ベジタリアンの家族は?」「豚肉を食べない家族は?」など、宗教の特徴が表れている食べ物に関するクイズを行った。
  • グループ対抗にしたこともあってか、大変盛り上がった。どのグループもお互いに知識を出し合いながら、熱心に正解を考える様子が見られた。あるグループでは「イスラム教が豚を食べない理由」を議論する中で、沖縄から参加された方が「沖縄の家庭の伝統的な豚の飼い方」についても話が及んでいた。今回のように、年代や所属、住んでいる地域など、異なる背景をもった方が集まると、さらに面白く深い学びにつながることを改めて感じた。
  • 「べジマーク」や「ハラルマーク」のついた食品を回覧したところ、大変興味深く見てもらえた。

食前の行為を考える

各宗教の食前の行為が書かれたカード配り、グループごとにそれぞれどの家族が当てはまるかを考えてもらった。「いただきます」と言うだけが食前の動作ではないことを知り、文化の多様性に気づいたり、どの宗教でも食べ物への感謝の意味が込められていることを知ったりすることができた。

「いただきます」の意味を考える

  • 曹洞宗の食前の言葉である「五観の偈」を配り、その意味(訳文)をグループごとに考えてもらった。
  • 正解として、作ってくれた人に感謝すること、食べるに値する善行ができているか反省すること、貪り・怒り、妬みの心をもたないことなどを伝えると、自分の食生活を反省するような意見が聞かれた。
  • 最後に「あなたにとっての『いただきます』の意味」を考えてもらった。「いのちを『いただきます』」「元気を『いただきます』」「飢餓に苦しむ人もいる中で、食べられることへの感謝」「この食べ物に関わってくれた全ての人への感謝」などの意見が出た。
ページトップへ

参加者の感想

他の文化や外国のことをあまり知らないということ。食べることだけでも様々な角度から学べると言うことが分かりました。

宗教の違いが非常に楽しめた。

ページトップへ

ファシリテータの感想

実際にその宗教を信仰する家族の写真を見ながら、具体的な慣習を知るアクティビティなどを体験してもらえるので、リアリティーや興味関心をもって学べる教材になっていると思う。今回は指導者養成を目的としていたこともあり、既に知識も興味関心も十分な方ばかりであったが、さまざまな背景の方が集まって下さったこともあり、グループで話し合う中で色々な気づきを得られたようである。宗教や文化の多様性、食料問題などについて考えたり、自分のライフスタイルや社会の在り方を見つめ直したりするきっかけになってくれたらと思う。

(報告:津久井綾子/「地球の食卓」教材作成メンバー)

ページトップへ
 「参加型学習の実践例」一覧へ戻る    DEARの講師派遣プログラム
参加型学習で世界を感じる-開発教育実践ハンドブック こんな授業をしてみたい!
『市民学習実践ハンドブック~教室と世界をつなぐ参加型学習30』

全国各地の学校やNPO/NGOによる現場の事例から、数多くのヒントを得られる一冊です。日本の貧困問題から、グローバリゼーション、環境、先住民族、模擬選挙などの多彩な取り組みを、「多文化共生・多様性」「平和・戦争・メディア」「世界とのつながり」「市民と参加」の4つのテーマでまとめました。(一般価格¥2,000 会員価格¥1,600)
詳しい紹介をみる
ページトップへ