DEAR 開発教育協会

english site

市民対象ワークショップ「原発停止をめぐる意見~様々な意見を読み・くらべる」
in 浜松(2013年1月)

アクティビティ

市民対象ワークショップ「原発停止をめぐる意見~様々な意見を読み・くらべる」

原発停止をめぐる意見~様々な意見を読み・くらべる

教材に掲載のワークシートを使いながら、菅総理の浜岡停止をめぐって、原発立地の首長や新聞社説、経済界の声を読み比べました。

「"地元の意見"って言ってるけど、地元ってどこまでを言うの?」
「"合意形成"って、これまでそんなものあったの?」
などなど、ツッコミを入れながら、肯定的な意見、否定的な意見、自分が賛同できない部分、賛同できる部分を発表しました。

浜岡停止が決まったのは5月6日。
まだ福島第一の事故の全容もわからない時期で、計画停電や物資不足など混乱が収まってない状態に首都圏住民はかなり疲労困憊してた…とか、当時の状況も振り返りました。

意外と中日新聞が否定的な意見だったのが、5月10日の社説ではかなり論調が変わっていることも驚きでした。また、中日新聞の2012年4月11日に「浜岡停止10日間の攻防」という記事も、こういう経緯であの判断になったのか!という内情がわかりました。

page top

主催者の感想~「いろいろ脱線しながらも、話がはずみました」

ワークの手順で、誰の意見かを伏せておくはずが、初めに言ってしまったという手違いはあったものの、いろいろ意見交換ができました。

「国民の生活をもっと質素に変えてほしいと強く要望すべき」(スズキ会長)の意見に賛同する人がいる一方、「ガマンを強いるものは賛同を得にくい」「特に便利な生活しか知らない若い世代には“無理”と思われる」と意見もあり、
「バブルの頃の電気使用量なら、原発は不用になるらしい」
「ええ?そんなんでいいの?」
「電気機器を替えるだけで、40%楽に節電できたよ」
「でも今はオール電化住宅が増えて、新築マンションの半分がオール電化」
「戸建も入れると、新築は7割がオール電化」
「でも、オール電化は調理器具の妊婦への影響も心配」
といった話も。

オール電化の推進が、使わなくてもいい電器を「使わされている」のかもしれません。高齢化による火事の心配も考えると、確かにオール電化は安心なのですが、問題点もいろいろありそうです。最も、電力ピーク時の民生(家庭)部門は1割なので、問題は産業部門などオフィスや工場などで使われている電力にもあります。

いろいろ脱線しながらも、話がはずみました。何か結論や正解があるわけではないけれど、いろんな角度から考えるきっかけにはなりますね。使用済み核燃料の問題や、家の中の電気・電化製品など、また別のテーマでいろいろ議論してみたいです。(報告:小林芽里)

page top
 「参加型学習の実践例」一覧へ戻る    DEARの講師派遣プログラム
参加型学習で世界を感じる-開発教育実践ハンドブック こんな授業をしてみたい!
『市民学習実践ハンドブック~教室と世界をつなぐ参加型学習30』

全国各地の学校やNPO/NGOによる現場の事例から、数多くのヒントを得られる一冊です。日本の貧困問題から、グローバリゼーション、環境、先住民族、模擬選挙などの多彩な取り組みを、「多文化共生・多様性」「平和・戦争・メディア」「世界とのつながり」「市民と参加」の4つのテーマでまとめました。(一般価格¥2,000 会員価格¥1,600)
詳しい紹介をみる
page top