全研の愛称が「d-lab(ディーラボ)」になりました!

開催概要

日程

2018年8月4日(土)、5日(日)の2日間
(4日は10時~18時、5日は10時~16時半)

会場

聖心グローバルプラザ 聖心グローバルプラザ(聖心女子大学4号館・元JICA地球ひろば)
交 通:東京メトロ日比谷線広尾駅4番出口から徒歩1分
所在地:東京都渋谷区広尾4-2-24 (google map
※建物内の学生食堂「カフェ・ジャスミン」は4日(土)のみご利用いただけます。

参加費

2日間参加:一般8,000円(会員6,000円/学生4,000円/高校生以下の方&聖心女子大学関係者・学生2,000円)
1日のみ参加:一般4,000円(会員3,000円/学生2,000円/高校生以下の方&聖心女子大学関係者・学生1,000円)
※参加費は事前支払制です

プログラム

1日目 8月4日(土)9:30受付開始

10:00~11:45
ワークショップ体験
(6コマ)
A. 開発教育入門講座「パーム油のはなし」をつかって(DEAR入門講座チーム)
B. 豊かさと開発(西 あい/DEAR事業コーディネーター)
C. 18歳選挙権と市民教育:メディアリテラシー(近藤 牧子/早稲田大学、DEAR理事)
D. ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら(西平 久美子/DEAR評議員)
E. スマホから考える世界・わたし・SDGs(八木 亜紀子/DEAR事業主任)
F. BE*hiveをつかった難民ワークショップ(中村 絵乃/DEAR事務局長)
11:45~13:00
昼食・休憩
建物内の学生食堂「カフェジャスミン」もご利用できます。また周辺にも飲食店や売店が多数あります。
休憩時間には開発教育や関連の教材・書籍等を展示・販売します。
13:00~15:10
開会式+シンポジウム
世界をケアするために~グローバリゼーションの隘路(あいろ)を超えて
開会挨拶:上條 直美(認定NPO法人 開発教育協会代表理事)
ゲスト:中野 佳裕さん(早稲田大学・『カタツムリの知恵と脱成長‐貧しさと豊かさについての変奏曲』著者)
15:30~18:00
実践報告
自主ラウンドテーブル
(公募プログラム)
自主ラウンドテーブル(各70分)全14コマ
15:30~16:40/16:50~18:00
実践事例報告(各30分)全4コマ
15:30~16:00/16:10~16:40/16:50~17:20/17:30~18:00
18:30~20:00
交流会
[自由参加、参加費別途]
軽食とドリンクをご用意。全国から集まる参加者との出会いと交流をお楽しみください。

2日目 8月5日(日)9:30受付開始

10:00~15:30
課題別分科会
第1分科会 難民になること・難民として生きること
ゲスト:加藤丈太郎(聖心女子大学)、飛田勘文(早稲田大学)、チョウチョウリン(ビルマ/ミャンマー難民当事者)
第2分科会 18歳成人・18歳選挙権と市民教育の課題
ゲスト:五十嵐暁郎(旭川明成高校)、南部義典(シンクタンク「国民投票広報機構」)、浜田未貴(東京大学大学院教育学研究科)
第3分科会 地域における開発教育~「持続可能な地域づくり」にむけて
ゲスト:西村洋己(岡山県社会福祉協議会)、三田善雄(みた農園)
第4分科会 スマホ・電気自動車から考える持続可能な開発
ゲスト:田中滋(アジア太平洋資料センター)
第5分科会 SDGsの授業をやってみた!
ゲスト:北郷美由紀(朝日新聞記者)
第6分科会 子どもの貧困への取り組み-子ども食堂の事例から
ゲスト:石田真理子(台東区の子育てを支え合うネットワーク)、近藤博子(気まぐれ八百屋だんだん)、鈴木隆弘(高千穂大学)

※1時間の昼食・休憩を含みます。休憩時間には開発教育や関連の教材・書籍等を展示・販売します。
15:45~16:30 全体会・閉会式
2日間の学びや気付きを参加者同士で共有します。

開催要項(ちらし)

PDF(363kb/A4裏表)をダウンロードしてご利用ください

d-lab2018ちらし

↑ ページトップへ

昨年の開催レポート

1日目:8月5日(土)のレポート

2日目:8月6日(日)のレポート

↑ ページトップへ

これまでの全研の様子

・2016年開催 第35回開発教育全国研究集会レポート(東京・JICA地球ひろば)
・2015年開催 第33回開発教育全国研究集会レポート(札幌・北海道大学)
・2014年開催 第32回開発教育全国研究集会レポート(東京・聖心女子大学)
・2013年開催 第31回開発教育全国研究集会レポート(富山・富山高専)

↑ ページトップへ