DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

9/18(日) ピーター・メンツェルさん&フェイス・ダルージオさん来日記念
「写真で学ぼう!地球の食卓」ワークショップ&トークイベント

「写真で学ぼう!地球の食卓」ワークショップ&トークイベント

写真集『地球家族』や『地球の食卓』シリーズ(TOTO出版)で知られる報道写真家、ピーター・メンツェルさんと、パートナーでありプロジェクトプロデューサーであるフェイス・ダルージオさんが、この9月に来日されます。

それを記念して、お二人のプロジェクトの写真を使ったワークショップとトークイベントを開催します。観る人に、環境・食・人権・貧困・健康など、世界が抱えるあらゆる課題に目を向けさせる写真を撮り続けているお二人と共に、考え、学び、話し合う時間にしましょう。ご参加、お待ちしております。

※6月1日(水)~9月25日(日)まで、東京農業大学「食と農」の博物館では、ピーター・メンツェル写真展「しあわせのものさし」が開催されています。プログラムの前後に、ぜひお立ち寄りください(開館時間:10時~17時/月休)。

日時

2016年9月18日(日)13:30~17:00
※受付は13:00より18号棟1階1811教室でおこないます。
※参加者の皆さまのために定時開始にご協力ください。

会 場 東京農業大学 (地図
東京都世田谷区/小田急線「経堂」「千歳船橋」駅徒歩15分
※休日のため閉門されている場所があります「経堂門」をご利用ください。
対 象 関心のある方はどなたでも
参加費 一般3,000円 DEAR会員・学生2,000円 高校生以下1,000円(当日精算)
定員 60名 ※要申込・先着順
内容(予定)

[第1部] ワークショップ「写真で学ぼう!地球の食卓」
ファシリテーター:開発教育協会(DEAR)
会 場:東京農業大学18号棟1階1811教室(受付は13:00~)
※ピーター・メンツェルさん、フェイス・ダルージオさんにも参加・見学していただきます

[第2部] トークイベント「地球の食卓」の向こう側
進 行:開発教育協会(DEAR)
ゲスト:ピーター・メンツェルさん、フェイス・ダルージオさん
※逐次通訳(英日)あり
会 場:東京農業大学「食と農」の博物館1階ホール

主催 ピーター・メンツェル写真展「しあわせのものさし」実行委員会
協賛 NPO法人アーユス仏教国際協力NGOネットワーク
企画・運営
お申込み

NPO法人開発教育協会(DEAR) 担当:八木
満員御礼!〆切ました(2016.9.16)
申込フォームまたは電話、ファクス(PDFちらしをダウンロード)で事前にお申込みください。
定員に達し次第、締切りとなります。
Tel: 03-5844-3630(平日10時~18時)
PDFちらしをダウンロード

●ピーター・メンツェル(Peter Menzel)

「写真で学ぼう!地球の食卓」ワークショップ&トークイベント

科学、環境をテーマに世界中を横断するフォトジャーナリスト。『ライフ』『ナショナルジオグラフィック』、『ニューヨーク・タイムズ』など多数の雑誌に写真を提供。ワールドプレスフォト賞、ピクチャー・オブ・ザ・イヤー多数受賞。『地球家族』シリーズでは、企画・監督・主要カメラマンを務めています。http://www.menzelphoto.com/

●フェイス・ダルージオ(Faith D'Aluisio)

『地球家族』シリーズの主要ライターを務めるジャーナリスト、編集者。ピーター・メンツェルとパートナーであり、プロジェクトプロデューサーでもあります。

●ピーター・メンツェルさん&フェイス・ダルージオさんによるプロジェクト

       

●教材『写真で学ぼう!地球の食卓』(DEAR、2010年)

教材『写真で学ぼう!地球の食卓』(DEAR、2010年)

世界24カ国30家族を訪問し、それぞれの家族と1週間分の食料をならべて撮影した写真集『地球の食卓―世界24か国の家族のごはん』(ピーター・メンツェル+フェイス・ダルージオ、TOTO出版)の写真をつかったワークショップ教材。食から広がる10のテーマ(文化・宗教の多様性、エネルギー、ごみ、グローバリゼーション、ライフスタイルの変化等)について学ぶことができます。発行以来、全国の小中高校、大学、社会教育やNPO/NGO等で、ひろく活用されています。2016年度消費者教育教材資料表彰「優秀賞」を受賞。

●NPO法人 開発教育協会(DEAR)

南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教育活動や参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教育アワード受賞(2004年)。

イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ