DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

2/19(日) 新企画!開発教育フォーラム2017~国際協力NGOと考えるこれからの開発教育

開発教育フォーラム2017~国際協力NGOと考えるこれからの開発教育

定員に達したためお申込受付を終了しました。たくさんのお問合せ・お申込みをありがとうございます。
(2017年1月31日)

2030年までに達成を求められている世界共通のゴールである持続可能な開発目標(SDGs)。この目標が提案された背景には、世界や国内で広がる格差、貧困、環境破壊、人権侵害、紛争など、持続不可能な社会があります。

SDGsの達成のためには、持続不可能な社会の根本的な原因を歴史的、構造的に捉え、その視点から現状のNGOの活動や開発教育のあり方を考えていく必要があるのではないでしょうか。

本フォーラムでは、午前中は、ワークショップを通して、SDGsや持続可能な社会について学びます。午後は、地域における市民の学びの報告を聴き、持続可能な地域づくりに貢献するNGOの活動や開発教育について考えます。

SDGsをきっかけに、これからの開発教育、一緒に考えませんか?

日時 2017年2月19日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)
会 場 独立行政法人 国際協力機構東京国際センター(JICA東京)4階地図
東京都渋谷区西原2-49-5 ※JICA地球ひろば(市ヶ谷)ではありません!
<公共交通機関をご利用ください>
京王新線 幡ヶ谷駅下車(南口出口)徒歩8分
地下鉄千代田線・小田急線 代々木上原駅下車(北口1出口)徒歩12分
対 象
  • 国際協力NGOスタッフ・ボランティア(開発教育・国内事業担当者の方におすすめです)
  • 地域の開発教育実践者、など
こんな方に
おすすめ!
  • NGOとしてSDGsにどうのように取り組むか考えたい方
  • 開発教育教材をブラッシュアップしたい方
  • 学校でのプログラムを新しくしたい方
  • 地域での取り組みに関心のある方
  • これからの開発教育を考えたい方
参加費 無料
定 員 100名(先着順/要事前申込)
内容(予定)

[午前 10:00~12:10] SDGsワークショップ
A~Cのワークショップからいずれか1つをお選びください(詳細はこちら)。
 A.豊かさと開発
 B.世界がもし100人の村だったら
 C.世界一大きな授業
※終了後、昼食休憩があります。

[午後 ] 全体会
1.課題提起
 「SDGsの先にある持続可能な開発とは?」(仮)
 開発教育協会代表理事 上條直美
2.ディスカッション
 「自分たちにとっての持続可能な開発・活動とのつながり」について
 参加者どうしでディスカッション
3.パネルトーク~地域の学びですすめるSDGs
 全国各地4団体からの事例紹介:大牟田市社会福祉協議会(福岡県)、FKG米沢(山形県)、
 とよなかESDネットワーク(大阪府)、八王子市民のがっこう「まなび・つなぐ広場」(東京都)
4.グループディスカッション・共有「感じたこと・考えたこと」
5.全体会
※プログラム内容は予定であり、多少の変更の可能性があります。

主催 NPO法人 開発教育協会(DEAR)
共催 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
企画・運営
お問合せ

NPO法人開発教育協会(DEAR) 担当:伊藤・中村
定員に達したため、お申込受付を終了しました(2017年1月31日)。
Tel: 03-5844-3630(平日10時~18時)
PDFちらしをダウンロード

※本フォーラムはJICA受託事業「NGO等提案型プログラム」に基づいて実施するプログラムです。(予定)

ワークショップについて

豊かさと開発

ワークショップA.豊かさと開発

ファシリテーター:湯本 浩之(DEAR副代表理事)
「豊かな社会」とはどのような社会で、そのために大切なこととは何か。毎日の暮らしや、地域や社会を「豊かに」する「開発」の意味を改めて考え、SDGsの背景にある様々な問題やそうした問題と自分たちとのつながりについて考えます。

ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら

ワークショップB.世界がもし100人の村だったら

ファシリテーター:八木 亜紀子(DEAR職員)
「世界がもし100人の村だったら」のワークショップを通じて、SDGsの背景にある世界の状況と私たちとのつながりを理解することをめざします。

ワークショップC.世界一大きな授業

世界一大きな授業

ファシリテーター:近藤 牧子(DEAR評議員)
世界中で同じ時期に行われる、教育の大切さについて考えるキャンペーン。100か国以上で開催し参加者の声を各国政府に届け、教育政策に反映するように働きかけてきました。今年は特に「SDGs4(教育)」に焦点をあてて実施します。

NPO法人 開発教育協会(DEAR)について

南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための教育活動です。開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教育活動や参加型学習の普及推進を行なっています。教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教育アワード受賞(2004年)。

イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ