DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

東京 2016年9月~12月の全6回
ソーシャル・アクションクラス2016~自分をソーシャルにする!開発教育ワークショップ~

ソーシャル・アクションクラス2016開催中! レポートを掲載しています→スタッフ・ブログへ

ソーシャル・アクションクラス ソーシャル・アクションクラス

そんな思いを持ちよって、講座をとおして一緒に何かをしてみませんか?
参加者同士の仲間づくりからはじめ、
ソーシャル・アクションを考えて、グループで実現する連続ワークショップ。2015年に続き、今年も開催!

※ここでいう「ソーシャル・アクション」って?
イベントを企画する、ボランティアする、デモに行く、SNSで発信する、勉強会に参加してみる‥。ひとりでできることから、周りを巻き込んでやることまで、社会的なテーマを扱ったあらゆるアクションのこと。

対象‥こんな方におすすめ!

  • 開発教育のワークショップを体験したことがあるけれど、なかなか次に踏み出せない方。
  • スタディツアーやワークキャンプ、ボランティアに参加したことがあり、もっと何かしてみたい方。
  • 同じグループや団体、クラスから複数人で参加してもOK。
昨年のソーシャル・アクションクラス

募集人数

15~20名(最少催行人数:8名)
※定員に達し次第、締切ります。

会場

富坂キリスト教センター1号館会議室 (東京都文京区小石川 2-9-4)
地下鉄「後楽園」または「春日」駅下車徒歩7分 → 地図

内容(全6回)

昨年のソーシャル・アクションクラス

第1回 9月16日(金) 19:00~21:00

仲間を知ろう&体験!開発教育ワークショップ

第2回 9月30日(金) 19:00~21:00

キックオフ!仲間を知ろう

第3回 10月13日(木) 19:00~21:00

ソーシャルアクションとは?どんなソーシャルアクションに興味ある?

第4回 10月28日(金) 19:00~21:00

グループ活動、アクションに向けて 昨年のソーシャル・アクションクラス

第5回 11月11 日(金) 19:00~21:00

グループ活動、進捗共有

11月12日(土)~12月2日(金)

アクション期間/グループごとに日時、場所も自由に活動

第6回 12月3日(土) 13:00~16:00

アクション発表/ふりかえり 

参加費(全6回)

(1)学生 3,000円
(2)DEAR会員、NPO/NGOスタッフ、非正規雇用者 4,000円
(3)一般(正社員等) 6,000円
※いずれかに該当するかは自己申告制です(ご相談はお気軽に!)。参加費は初回に受付でお支払いください。

コーディネーター

阿部秀樹(会社員)、近藤牧子(大学非常勤講師)、鈴木洋一(Wake Up Japan)、武村佳奈(リディラバ)、田中浩平(団体職員)、前嶋葵(NPO法人コモンビート)、八木亜紀子(開発教育協会)

コーディネーターからのメッセージ

昨年のソーシャル・アクションクラス あなたは社会を変えられると思いますか?
日本では、そういった問いに自信を持って「社会を変えられる」と答えられる人は多くありません。なぜ、日本では社会を変えることに自信を持てないのでしょうか。
本講座では、わたしたちが生きる日本社会について理解を深め、その中でどうやって社会を変えていけるのかを一緒に考えましょう。
鈴木洋一(Wake Up Japan)

昨年のソーシャル・アクションクラス

社会を変えられる!という思いは未来への希望でもあります。
その希望は、何もしないでは得られません。
自分が何かを為している実感がもたらすものです。
希望を感じてみたいなという方。ぜひぜひ仲間と一緒にやってみませんか?
近藤牧子(大学非常勤講師)

お申込み方法 ‐ 申込み〆切を9月14日(水)まで延長しました

ウェブ申込フォーム、または、ちらし(PDF)をダウンロードして裏面の申込書に記入のうえ、ファクスでお申込みください。
申込みの前に相談したいこと、質問したことなどあれば、お電話でお問合せください。

NPO法人開発教育協会(担当:八木) TEL: 03-5844-3630(平日10:00~18:00)

申込みフォームを別ウィンドウで開きます ちらしをダウンロードする

昨年の「ソーシャル・アクション・クラス2015」では4つのチームに分かれてアクションしました

  1. 在日外国人チーム: 短期間で多くの人からアンケートを集めて、周囲の人々が在日外国人の方に対してどう思っているのかをみんなに共有したり、夜間中学の見学ツアーに行ったりしました。
  2. 貧困チーム: いろんな人に「貧困解決に向けてどんな行動しているか」をいろんな人にインタビューをして、その様子をひとつのムービーにしました。
  3. 自己肯定感チーム: 自己肯定感を高めるためのカフェ・イベントを開催。その様子を「自分に恋しよう」のスライドにまとめて発表。
  4. 食チーム: いただきますをしている写真を集めて、いただきますを言えることに感謝しよう!というキャンペーンを始めました。キャンペーンのFBページ

「ソーシャル・アクション・クラス2015」の様子をブログに掲載しています!

参加者アンケート:「ソーシャル・アクション・クラス2015」に参加してよかったですか?

昨年のソーシャル・アクションクラス

  • 実際にソーシャルアクションを起こすという成功体験ができました。反省や、改善点も多くありますが、それも収穫でした。(大学生)
  • 一人では出来ないようなアクションを、このクラスのおかげで実現できました!! クラスが始まった時点ではどんなアクションになるのか、想像がつきませんでしたが、結果としてすごく良いものが出来たと思ってます。(会社員)
  • 参加メンバーからたくさんエネルギーを頂いて、1人だと腰が重く感じたアクションももっと手軽に簡単に考えることができました。 また、メンバーと話すことでますますやる気が出てきて、やりたい、やってみたいことが増えました。 メンバーとは今後も繋がりをもって、いろんなアクションをしていきたいと思っています。(会社員)

参加者アンケート:クラスを終えた今、あなたは「社会を変えられる」と思いますか?

昨年のソーシャル・アクションクラス

  • 自分の思った意見をみんなが素直に言って、それでも、みんなが素直に聞いてくれる環境がありがたかったです。やりたいな!って思ったことは聞いてもらえたし、共感してもらえるのも嬉しかったです。(大学生)
  • チームメンバーで「人と一緒に何か一緒にすることが苦手だった」という人がいて、その人が「こんな経験はじめて」と言ってくれたことが嬉しかったです。自分のこれまでの経験や知識がワークショップに取り入れられたりして、少しはお役に立てたかなと思います。(会社員)
  • 楽しんで取り組んでいる姿。ソーシャルと聞くと堅苦しいと感じる人もいるかもしれないが、楽しみながら人に関わり、楽しく変えていくこともできるのだと学べた。

イベント一覧へ戻る | ページトップへ戻る


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ