DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

DEARについて

DEARが推進する、開発教育や参加型学習のエッセンスをお伝えします。

DEARや開発教育に興味を持った皆さまのご応募・ご参加をお待ちしています。

DEARとサポーターの皆さまによる開発問題への取り組みをご紹介します。

開発教育協会/DEARについて

開発教育協会/DEAR(ディア)について

南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。
開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための教育活動です。
開発教育協会は、国際協力NGOや国連関係団体、地域の市民団体など約50の民間団体と約700名の個人で構成される教育NGOです。1982年に発足して以来、開発教育と呼ばれる国際理解や国際協力をテーマとした教育活動や参加型学習の普及推進を行なっています。2012年12月に設立30周年を迎えました。
教材『ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら』で国際人権教育アワード受賞(2004年)。

開発教育のネットワーク

開発教育協会/DEARについて

DEARは、「開発教育」を推進するためのネットワークNGOです。
DEARの特徴は、様々な立場の人たちが一緒に「学びの場」づくりに参加し、“世界”と“学びの場”をつないでいることです。
教育関係者、NGO・NPO、青年海外協力隊OB・OG、国際機関、国際交流協会、自治体、そして研究者や学生など、幅広い層が参加しています。
開発教育の世界的なネットワークの動きもあり、いま、その輪はますます広がっています。

DEARの役割

DEARは、開発教育を日本の教育現場をはじめ、様々な場に広げていくために、主に次のような役割を担います。

  • 政府との対話や、政策に対する提言を行うこと
  • 世界各地の関係団体との情報交換やネットワークづくり
  • 開発教育の調査研究を進めること
  • 開発教育に関連する国内外の様々な情報を収集・発信すること
  • 地域や学校などでの「学びの場」づくりを支援すること

DEARのこれまで

1982年に日本で開発教育を普及・推進するための連絡協議体として、「開発教育協議会」が任意団体として発足。
1992年からは、毎年全国6箇所で「開発教育地域セミナー」を開催し、これをきっかけに地域でいくつもの開発教育のグループが生まれ、開発教育の「担い手」が育っていきました。
2000年からは総合的な学習の時間がはじまり、学校教育で開発教育を実践する機会が広がりました。
2002年には設立20周年をむかえ、組織の役割の変化から、名称も「開発教育協議会」から「開発教育協会」と変更。
2003年にNPO法人格を得ました。

新・中期方針(2013年度~2017年度)→詳細はこちら

2013年度からの5カ年は以下の2つの重点方針と4つの重点事業に基づいて事業をおこないます。

2つの重点方針

  1. 現在の開発のあり方やグローバル化がもたらす不公正を構造的に捉え広く発信する
  2. 「世界は変えられる」という思いに基づき行動する人を増やす
4つの重点事業
  1. 「グローバル化と開発問題」研究会を実施します
  2. 公正な社会づくりへ参加するためのアクションの支援
  3. 国内外の開発問題を多様な人たちと話し合う場づくりの支援
  4. 教育政策に関する調査・ネットワークづくり

↑ページトップへ


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ