DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

DEARについて

DEARが推進する、開発教育や参加型学習のエッセンスをお伝えします。

DEARや開発教育に興味を持った皆さまのご応募・ご参加をお待ちしています。

DEARとサポーターの皆さまによる開発問題への取り組みをご紹介します。

事業報告・決算報告

事業報告・決算報告

ダイジェスト(4頁) 事業報告 決算報告
2016年度(2016.4-2017.3) - 2016年度事業報告書 2016年度活動計算書
活動計算書の注記
2016年度貸借対照表
2015年度(2015.4-2016.3) 2015年度-2016年度 2015年度事業報告書 2015年度活動計算書
活動計算書の注記
2015年度貸借対照表
2014年度(2014.4-2015.3) 2014年度-2015年度 2014年度事業報告書 2014年度活動計算書
活動計算書の注記
2014年度貸借対照表
2013年度(2013.4-2014.3) 2013年度-2014年度 2013年度事業報告書 2013年度活動計算書
活動計算書の注記
2013年度貸借対照表
2012年度(2012.4-2013.3) -- 2012年度事業報告書 2012年度収支報告書
2012年度貸借対照表
2011年度(2011.4-2012.3) -- 2011年度事業報告書 2011年度収支報告書
2011年度貸借対照表
2010年度(2010.4-2011.3) 2010年度-2011年度 2010年度事業報告書 2010年度収支報告書
2010年度貸借対照表
2009年度(2009.4-2010.3) 2009年度-2010年度 2009年度事業報告書 2009年度収支報告書
2008年度(2008.4-2009.3) 2008年度-2009年度 2008年度事業報告書 2008年度収支報告書
2007年度(2008.4-2007.3) 2007年度-2008年度 2007年度事業報告書 2007年度収支報告書

※2013年度まで会計書類を「収支計算書/収支予算書」の形式で作成していましたが、2014年度よりNPO法人会計基準に基づき 「活動計算書/活動予算書」に変更して作成しています。

↑ ページトップへ

2016年度のトピックス

第34回「開発教育全国研究集会」はJICA地球ひろばで開催!シンポジウムでは「公正で持続可能な経済」をテーマに、291名が参加。
認定NPOを目指し、133名もの方からご寄付をいただきました。本認定の要件に該当する寄付は目標2年間で200件に対し234件!
2020年から施行される新学習指導要領の中央教育審議会答申「SDGs」を明記!
教材『写真で学ぼう!地球の食卓~学習プラン10』が消費者教育教材資料表彰で優秀賞として表彰されました!写真を撮られたピーター・メンツェルさんとフェイス・ダルージオさんも来日!ワークショップを開催しました。
新教材『豊かさと開発』を発行!好評です。
4つのパートナー団体と持続可能な地域づくりをすすめる学びについてを考える「学びあいフォーラム」を実施!

↑ ページトップへ

2015年度経常収益・費用

2016年度の活動を振り返って

国内外の大きな動きの中で

2016年は世界で決めた共通の目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」のキックオフイヤーでした。私たちは、SDGsの17の目標に注目しがちですが、2015年9月に、150を超える加盟国首脳の参加した「国連持続可能な開発サミット」の成果文書「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(「2030アジェンダ」)の前文や宣言、実施手段について考えることが重要です。

「世界を変革する」に込められた意味、そして、目標だけなく、目標達成の手段やプロセスにおける公正性や持続可能性を改めて意識する必要があると思います。

一方で、世界ではポピュリズムや排外主義が台頭し、「2030アジェンダ」がめざす連帯や公正ではなく、差別や分断が進んでいます。日本も例外ではなく、少数者に対する差別やヘイトスピーチ等の問題は深刻になっています。

このような状況の中で、開発教育はどのような役割を担えるのでしょうか。SDGsの目標4は「教育」です。そこでは「質の高い教育」をすべての人が受けられることを目指しています。

しかしながら、2020年から施行される新しい学習指導要領の学習内容は大幅に増やされ、子どもたちや教師の負担も増えることが予想されます。教育は誰のため、何のためなのか、改めて考える必要があるでしょう。「質の高さ」を考えるのであれば、多様な背景を持つ子どもたち一人一人が、安心して主体的に学べる環境をつくることが、より重視される必要があるのではないでしょうか。

持続可能な社会をつくる取り組みは、それぞれの地域ですすめていくことが大切です。地域における持続可能性や地域の人々が主体となってより公正な社会をつくる取り組みが増えることで、「変革」が起きるのだと思います。

今年度もDEARは、全国の会員や開発教育実践者、関係団体と共に、学びをとおして、より公正で持続可能な社会をつくることをすすめてまいりました。

中期計画4年目

2013年度から始まった中期計画(5か年)は、4年目を終えました。

2つの重点方針
1. 現在の開発のあり方やグローバル化がもたらす不公正を構造的に捉え広く発信する
2. 「世界は変えられる」という思いに基づき行動する人を増やす

4つの重点事業
1. 「グローバル化と開発問題」研究会を実施します
2. 公正な社会づくりへ参加するためのアクションの支援
3. 国内外の開発問題を多様な人たちと話し合う場づくりの支援
4. 教育政策に関する調査・ネットワークづくり

重点事業1では、グローバルな課題の背景にある構造的な問題を分かりやすく提示し考えるきっかけをつくる「ハンドブック」の作成を進めました。

重点事業2では、公正な社会づくりに一人ひとりが参加するきっかけを学びの場から生み出す「ソーシャル・アクション・クラス」を開催するとともに、そこで学んだ視点や方法を取り入れた『ソーシャル・アクション・ハンドブック』を出版し、アクションの提案をすることができました。

重点事業3では、持続可能な社会づくりのための学びのあり方、課題解決やコーディネーションの方法について対話し学ぶ場を広げるための、「学びあいフォーラム」を開催し、全国各地の4つのパートナー団体と、コーディネーターチームが主体となって、研修プログラムを行いました。

重点事業4では、2020年度から施行される新学習指導要領にSDGsを明記することを提案し、ネットワークを活かして様々な働きかけをして、中央教育審議会の答申に「SDGs」を入れることができました。

↑ ページトップへ

経常収益の推移

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
会費 6,023,000円 5,546,000円 5,750,000円 5,756,000円 5,740,000円
寄付 1,769,102円 1,731,440円 666,620円 1,044,700 円 938,372円
助成金 3,580,000 5,623,600円 3,900,000円 3,350,000円 4,190,000円
事業収益 19,459,025円 15,809,809円 23,076,974円 23,301,845円 21,965,104円
合計 30,831,127円 28,710,849円 33,393,594円 33,452,545円 32,833,476円

↑ ページトップへ


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ