DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

DEARについて

DEARが推進する、開発教育や参加型学習のエッセンスをお伝えします。

DEARや開発教育に興味を持った皆さまのご応募・ご参加をお待ちしています。

DEARとサポーターの皆さまによる開発問題への取り組みをご紹介します。

開発教育リソースマップ-関東甲信越ブロック

開発教育リソースマップ・トップページ
北海道 東北 関東甲信越 東海 北陸 関西 中国 四国 九州・沖縄

関東甲信越ブロック ■ 関東甲信越ブロック

関東甲信越ブロックのページへようこそ!
新潟県・長野県・山梨県・群馬県・茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県のグループをご紹介しています。

» 関東甲信越ブロックのイベント情報をみる
» 関東甲信越ブロックのグループ・団体情報をみる

ページトップへ

イベント情報
■ 開発教育関係のイベント情報

イベント 第2回WPPCこどもの国
■日時:2018年10月14日(日)13時半~14時半
■会場:こどもの国・皇太子記念館前の芝生広場(神奈川県横浜市青葉区奈良町700)
■参加費:無料(ただし「こどもの国」の入園料は大人600円、小・中学生200円、幼児(3歳以上100円、2歳以下無料)
■対象:お子さまからお年寄りまで、日本人も外国人も全て
■内容:
世界193ケ国の国旗を、1国ずつ掲げて、その国の平和を祈るセレモニーです。40分くらいで終わります。
■共催:平和を祈る会ピース・ハーモニー、NPO法人インターナショナル世界平和の響き
■お問い合わせ:NPO法人インターナショナル世界平和の響き 坂崎一
E-mail: contact@sekaiheiwa-no-hibiki.or.jp  TEL/FAX: 03-6759-1312
ワークショップ 国際理解・参加型ワークショップ「身近なものから世界を考える」
■日時:2018年10月21日(日)14時~16時
■会場:町田市民フォーラム4階 町田国際交流センター(町田市原町田4-9-8)
■参加費:無料
■対象:中学生以上
■内容:皆さんの身近な存在の“あるもの”を通して、世界と自分たちの暮らしのつながりを知ります。そして、買い物行動や食生活など自分のライフスタイルについて振り返り、今後何ができるかを参加者全員で考えます。
■主催・お問い合わせ:町田市文化・国際交流財団 町田国際交流センター(担当:国際理解部会)
URL: http://www.machida-kokusai.jp
映画 上映&講演会「種子はいのちのみなもと-未来のために地域でできること-」
■日時:2018年10月27日(土)14時~17時(開場13時半)
■会場:アミダステーション(八王子市東町3-4)
■参加費:1000円、学生500円、中学生以下無料
■対象:どなたでも
■内容:日本の米や大豆、麦の種子を守ってきた主要農作物種子法が廃止されました。民間企業に市場が開放され、私たちの食卓や地域の農業に、今 まで以上に多国籍企業が参入してくることが予想されます。農業、農村の現状に詳しいジャーナリスト大江正章さんに、農の危機と未来の可 能性、そして地域の市民ができることについてうかがいます。種子の豊かさは、いのちの多様性の源です。世界の運動と繋がりながら、わた したちの社会の食料主権や持続可能性についても考えたいと思います 。
■主催・お問い合わせ:八王子市民のがっこう まなび・つなぐ広場
E-mail: manabi.tsunabu@gmail.com  TEL: 080-5081-9433
セミナー アクテイブラーニングを深めるセミナー―学習者の関心を深め広げる“問い”の投げかけ方
■日時:2018年10月28日(日)13時~17時
■会場:がんばれ子供村 2F コミュニティスペース(豊島区雑司ケ谷3-12-9)
■参加費:5,500円(別にテキスト代1,500円)
■対象:アクティブラーニング、体験学習などをもっと深めたいと考えている方
■内容:
質問力ゲームとタイムラインづくり/問題とカリキュラムのウェッビング/ 点から線へのストーリーづくり
■主催・お問い合わせ:NPO法人エコ・コミュニケーションセンター
E-mail: ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp  TEL: 0493-59-9916(森)
セミナー 岩崎一三さんと話す フィリピンごみ山の思いやり幼稚園
■日時:2018年10月28日(日)18時~19時半
■会場:しんじゅく多文化共生プラザ(東京都新宿区歌舞伎町2-44-1ハイジア11F)
■参加費:一般1,000円 学生・ハロハロサポーター500円
■対象:大学生、一般
■内容:
元ごみの最終処分場であるマニラ事業地の協働団体『パーララン・パンタオ』に焦点をあて、1987年にごみ捨て場のふもとでの家庭学習としてはじめった活動の歩みと、変わりゆくマニラのごみ捨て場の今と、今後の地域形成と事業展開についてPaaralang Pantaoを1995年より長きに渡り支えてきた、パヤタスオープンメンバーの岩崎氏をお迎えし一緒に語りあう機会を設けました。
■主催・お問い合わせ:NPO法人ハロハロ
E-mail: mail@npohalohalo.org  URL: https://www.facebook.com/events/1146499115506319/
セミナー ファシリテーター研修 in 嵐山(NWEC)
■日時:2018年11月11日(日)、18日(日)いずれも10時~17時
■会場:国立女性教育会館(NWEC)研修棟2F 中会議室(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728? 0493-62-6723)
■参加費:2万円(テキスト代含む)
■対象:会議の運営にお悩みの方、体験プログラムの欲しい方、教育に携わる方
■内容:
①質問して引き出す(11/11am)
②プログラムを企画する(11/11pm)
③ワークショップをファシリテートする(11/18am)
④仕上げのファシリテーション実習(11/18pm)
■主催・お問い合わせ:NPO法人エコ・コミュニケーションセンター
E-mail: ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp  TEL: 0493-59-9916(森)
セミナー はじめてのエシカル×ジェンダー入門ワークショップ 第4回学生たちのエシカル運動
■日時:2018年11月4日(日)14時~16時
■会場:港区立男女平等参画センター(リーブラ)学習室C
■参加費:無料
■対象:大学生、一般
■内容:あってほしい社会は自分の手で築く!ちょっぴり世界を変えるために立ち上がった若者たちの声を聞き、グローカルで豊かなまちづくりを目指すはじめの一歩になるお話会です。
■主催・お問い合わせ:港区エシカルコミュニティ
E-mail: fairtrademinato@gmail.com  URL: https://minatoethical.jimdofree.com/event/
セミナー 豊かさってなんだろうvol.2 持続可能な社会と自分のくらしのつながりを考える
※1,2回目は終了しました。
■3回目:2018年11月27日(火)19時~21時
水はだれのもの?「日本と世界の水事情 水から広がる学び」アクティビティ
■4回目:2019年1月19日(土)13時~16時
フェアトレードチョコレートについて学ぼう
■番外編:2018年12月1日(土)10時~16時
地域を歩こう「つづく地図」を使ってまち歩きvol.2
■会場:アミダステーション(八王子市東町3-4)
■参加費:各回800円、中学生以下は無料
■対象:どなたでも
■主催・お問い合わせ:八王子市民のがっこう まなび・つなぐ広場
E-mail: manabi.tsunabu@gmail.com  TEL: 080-5081-9433
イベント みんなSDGsに繋がっているよ!公害資料館の“わ”「第6回公害資料館連携フォーラムin東京」
■日時:2018年12月14-16日(金-日)
■会場:法政大学多摩キャンパス、ほか
アクセス:http://www.hosei.ac.jp/access/tama.html
京王線 めじろ台駅下車、バスで約10分「法政大学」下車
JR線 西八王子駅下車、バスで約22分 または、相原駅下車、バスで約13分「法政大学」下車
■参加費:
フィールドワーク:4,000円
フォーラム(2日とおし): 会員4,000円 非会員5,000円 学生1,000円
交流会:4,000円
■内容:
公害を伝える取組を学び、各地の公害地域再生の取組を共有することで、公害教育と公害資料館の可能性につい て議論する公害資料館連携フォーラムを年1回開催しています。新潟・富山・四日市・水俣・大阪で開催し、今年度は東京で開催します。
SDGs(持続可能な開発目標)をテーマにして、東京や川崎の公害の今を共有しつつ、これからの公害教育と公害資料館の可能性について議論を深めたいと願っています。
<14日(金) 13-17時>
フィールドワーク (先着30名):東京の大気汚染公害の現場を回る
<15日(土) 13時~>
基調講演「市民の力でSDGsを活用する~ハードコア編」今田 克司さん
フォーラム 分科会1
交流会
<16日(日) 9時30分~>
フォーラム 分科会2
フォーラム 全体会
詳細:http://kougai.info/forum
■主催:第6回公害資料館連携フォーラムin東京実行委員会
■参加申込:以下の申込フォームからお申込ください。
https://goo.gl/forms/yE1vcymSBhs4m03p2
■事務局・お問い合わせ先:公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団)担当:林、栗本
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885 E-mail: kougaishiryoukan+forum@gmail.com
セミナー 逗子フェアトレード・フォーラム
■日時:2018年12月15日(土)13時~18時
■会場:逗子文化プラザホール なぎさホール
■参加費:無料
■対象:学生、一般
■内容:「世界の子どもたちとSDGs」をテーマに、長澤恵美子さん(日本経団連SDGs本部統括主幹)の基調講演を行う他、世界の児童労働に向き合って20年間活動をしてきた岩附由香さん(ACE代表)を迎え、逗子の若者たちの課題と共に私たちにとってのSDGsを考えます。フェアトレードマーケットも開催。
■主催・お問い合わせ:逗子フェアトレードタウンの会、東海大学教養学部、逗子市教育委員会、逗子市
E-mail: fttzushi.event@gmail.com(逗子フェアトレードタウンの会)

ページトップへ

グループ・団体情報
■ 開発教育に取り組むグループ・団体の情報

特定非営利活動法人 ACE DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 ACE>
■連絡先・連絡方法 
〒110-0015 東京都台東区東上野1-6-4 あつきビル3F
Tel:03-3835-7555 Fax:03-3835-7601 E-mail: study@acejapan.org
URL:http://www.acejapan.org/
連絡時間帯・方法: 平日10:00~18:00 電話・メール・FAXで受付
代表者:岩附由香 担当者:成塚
■活動内容 
ACE(エース)は、世界中のすべての子どもが権利を守られ、希望を持って安心して暮らせる社会を実現するため、市民と共に行動し、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。オリジナル教材「おいしいチョコレートの真実」、「チョコッと世界をのぞいてみよう!」「このTシャツはどこからくるの?」などを開発、販売し、身近なチョコレートやファッションから児童労働について学び、考え、行動を起こす機会を提供しています。学校などへの講師派遣も行っています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、教材販売、ボランティア参加、入会、勉強会への参加

特定非営利活動法人 WE21ジャパン DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 WE21ジャパン>
■連絡先・連絡方法 
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町70土居ビル6階
Tel:045-264-9390 Fax:045-264-9391 E-mail: info@we21japan.org
URL:http://www.we21japan.org
連絡時間帯・方法: 月~金の10:00~17:00 電話・FAX・メールで受付
代表者:藤井あや子 担当者:前田有香
■活動内容 
チャリティショップ「WEショップ」の収益で、主にアジアへの海外支援を行っています。海外支援を通してみえてきた世界と日本のつながりを伝えようと、学校で、WEショップで開発教育活動も行っています。現在は、「カップめんからアジアが見える」、「地球の水ものがたり~命の水が遠ざかる~」「今日はフェアトレードの日?!(仮)」があります。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、入会、ボランティア参加、勉強会への参加

アーユス DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク>
■連絡先・連絡方法 
〒135-0024 東京都江東区清澄3-4-22
Tel:03-3820-5831 Fax:03-3820-5832 E-mail: tokyo@ngo-ayus.jp
URL:http://www.ngo-ayus.jp/
連絡時間帯・方法: 月~金の10:00~17:00 
代表者:茂田真澄 担当者:枝木美香
■活動内容 
アーユスは国際協力に取り組むNGOが充分に力を発揮できるように、資金面、組織面などで支援しています。また、よりよい社会のあり方を追求するために、仏教者・NGO・市民が出会い学び合う場をつくっています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、入会、ボランティア参加、勉強会への参加

かながわ開発教育センター DEAR団体会員 <かながわ開発教育センター(K-DEC)>
■連絡先・連絡方法 
〒231-8458 横浜市中区常磐町1-7 横浜中央YMCA内
Tel:090-1806-8532 E-mail: kanagawa_dec@ybb.ne.jp
URL: http://kdec75.wix.com/kdec
連絡時間帯・方法: メール・電話で受付
代表者:山西優二 担当者:木下理仁
■活動内容 
「神奈川から世界を知る」をキャッチフレーズに、各種セミナー・協働事業の実施、講師派遣、教材開発などを行っています。詳しくはホームページをご覧ください。
■参加・利用できるプログラム
相談、講師派遣、入会、勉強会への参加

公益財団法人かながわ国際交流財団 DEAR団体会員 <公益財団法人かながわ国際交流財団(KIF)>
■連絡先・連絡方法 
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
かながわ県民センター13階 多言語支援センターかながわ内
Tel:045-620-0011 Fax:045-620-0025 E-mail: ryugakusei@kifjp.org
URL: http://www.kifjp.org/
連絡時間帯・方法: メールで受付
代表者:高橋忠生 担当者:グローバル人材育成グループ
■活動内容 
世界に開かれた神奈川、世界と結ぶ神奈川を目ざして、国際交流及び国際協力の積極的な推進、多文化共生社会の実現、国際的な人材の育成並びに学術・文化交流を通じ地域文化の向上を図ることを目的として設立された財団です。人材育成事業では、地球規模の課題解決に向けた取組みや、多文化共生の地域社会づくりを担う国際性豊かな人づくりを目指します。県内の高校、大学等と連携し、各種プログラムを実施しています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、会員入会、神奈川県内在住・在学の高校生・大学生を対象とした各種プログラム(詳細は上記のURLをご覧ください)

開発教育ネットワーク DEAR団体会員 <開発教育ネットワーク>
■連絡先・連絡方法 
〒320-0041 栃木県宇都宮市松原2-7-42とちぎYMCA教育センター内
Tel:028-624-2546 Fax:028-624-2489 E-mail:  URL:-
連絡時間帯・方法: 火~金9:00~17:00 メール・電話・ファクスで受付
代表者:半田好男(会長) 担当者:大浦智子
■活動内容 
会員は教員、社会教育団体関係者、公務員、主婦、会社員、学生など様々です。学校だけでなく地域でも家庭でも、参加型の開発教育を実践して、世界のこと、自分たちのことを気づきながら学んで行こうと考えています。毎年のセミナーは好評で、最近は「ワールドスタディーズの学び方・考え方」や「アフリカ大好き!」など、実践的な内容です。ゲームやアクティビティの情報もたくさんあります。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、入会、勉強会への参加

JANIC DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)>
■連絡先・連絡方法 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18アバコビル5F
Tel:03-5292-2911 Fax:03-5292-2912 E-mail: global-citizen@janic.org
URL:http://www.janic.org
連絡時間帯・方法: 月~金の9:30~18:00 メール・電話で受付
代表取締役社長:谷山博史
担当者:上記メールアドレスまたは電話にてご連絡ください。各担当者よりご連絡いたします。
■活動内容 
JANICは、100以上の日本のNGO が加盟する、日本最大のネットワーク型NGOです。「持続可能な開発目標(SDGs)」を軸に、政府や社会への政策提言・啓発活動、企業・労働組合・自治体との連携促進活動、NGOの組織力強化活動を行っています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、NGOに関する相談全般、入会、インターン・ボランティア参加、イベント・セミナーへの参加、メルマガ・facebook登録

国土防災技術株式会社 DEAR団体会員 <国土防災技術株式会社>
■連絡先・連絡方法 
〒330-0074 さいたま市浦和区北浦和2-12-11
Tel:048-833-0422 Fax:048-833-0424 E-mail: k-nakamura@jce.co.jp
URL:http://www.jce.co.jp/
連絡時間帯・方法: 月~金の9:00~17:00 メールで受付
代表取締役社長:辻 裕 担当者:中村清美(技術本部技術部海外協力課)
■活動内容 
地域の自然環境や災害特性,社会要素などを考慮した講義,ワークショップ,フィールドワーク,防災訓練,災害時アクションプラン作成,ハザードマップ作成などのメニューから,主催者のニーズと開催時間に適応した組み合わせで,防災環境教育プログラムを提供し,地域の防災力向上につなげていく取り組みを行っています。そして,ロールプレイとシミュレーションを組み合わせた災害時の地域防災課題解決を学ぶ教材『避難行動訓練 EVAG』を開発し,これを用いた防災教育を実施しています。
■参加・利用できるプログラム
防災環境教育に関する相談、講師派遣、教材販売、勉強会への参加

特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会 DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会>
■連絡先・連絡方法 
〒169-8611東京都新宿区西早稲田2-3-1早稲田奉仕園内
Tel:03-3202-7863 Fax:03-3202-4593 E-mail: info@shplaneer.org
URL:http://www.shaplaneer.org/
連絡時間帯・方法: 火~土の10:00~18:00(訪問希望の方は要事前連絡)
代表者:岩城幸男 担当者:京井、上嶋
■活動内容 
1972年に創立の、バングラデシュ、ネパール、インドで活動する国際協力NGOです。働く子どもたちの支援、自然災害が多い地域での地域防災、障害者や先住民族の支援活動などを行っています。また、フェアトレードを通じた生活向上支援活動を行っています。国内では、寄付や会員になることでの参加のほか、書き損じはがきやCD・本などを収集して換金し活動に役立てる「ステナイ生活」を呼びかけています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、教材・資料の購入、入会、ボランティア参加

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 DEAR団体会員 <公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会>
■連絡先・連絡方法 
〒160-0015 東京都新宿区大京町31
Tel:03-5360-1233 Fax:03-5360-1220 E-mail: info@sva.or.jp
URL:http://sva.or.jp
連絡時間帯・方法: 月~金曜日(祝日を除く)10:00~17:00
代表者:若林恭英 担当者:上記メールアドレスまたは電話にてご連絡ください。各担当者よりご連絡いたします。
■活動内容 
1981年に設立されたアジアの子どもたちへの教育・文化支援を行っているNGOです。図書館活動、学校建設を中心とした活動を行っており、タイ・カンボジア・ラオス・ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ・アフガニスタン・ミャンマーの6つの地域で、図書館事業、学校建設事業、奨学金・学生寮事業を実施しています。緊急救援活動も行っており、東日本大震災の被災地においても、復興支援や移動図書館活動を行っています。
■参加・利用できるプログラム
入会、ボランティア、インターン、報告会への参加、絵本を届ける運動

社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン DEAR団体会員 <社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン>
■連絡先・連絡方法 
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4階
Tel:03-6859-6869 Fax:03-6859-0069 E-mail:
URL:http://www.savechildren.or.jp/
連絡時間帯・方法: 月~金の9:30~18:30
代表者:上野昌也(理事長) 担当者:西口祐子(教材普及など)
■活動内容 
セーブ・ザ・チルドレンは、1919年にイギリスで設立され、国連から公式に認定された子ども支援のためのNGOです。世界に27ある独立したメンバーが約120カ国で教育や保健医療、緊急支援などの活動を展開しています。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、2003年より、日本の子どもたちのための教育事業を開始。2008年より、国際協力について子どもたちが楽しく学べる、写真やイラストが豊富な教材を開発し、全国での普及を開始しています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、教材・資料の閲覧、教材・資料の購入、入会、ボランティア参加

日本キリスト教海外医療協力会 DEAR団体会員 <公益社団法人 日本キリスト教海外医療協力会>
■連絡先・連絡方法 
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町1-1早稲田SIAビル4階
Tel:03-3208-2416 Fax:03-3232-6922 E-mail: info@jocs.or.jp
URL:http://www.jocs.or.jp
連絡時間帯・方法: 月~金の9:00~17:00 電話・FAX・メールで受付
代表者:畑野研太郎(会長) 担当者:大久保奈緒
■活動内容 
アジア・アフリカ諸国の保健医療事情向上のため、キリストの愛の精神に基づき保健医療協力を推進し、すべての人が支えあう平和な社会の実現に寄与することを目的としています。1964年から、使用済み切手を収集して活動に役立てています。身近なところで誰でもできるボランティアとして、子どもから大人まで多くの方がご協力くださっています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、視聴覚資料貸出、ボランティア参加

jfra DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会>
■連絡先・連絡方法 
〒105-0004 東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7階
Tel: 03-6809-2590 Fax: 03-6809-2591 E-mail: jfra@jfra.jp URL:http://jfra.jp/
連絡時間帯・方法: 平日9時~18時 メール・電話・ファクスで受付
代表者:鵜尾雅隆 担当者:大石俊輔
■活動内容 
日本ファンドレイジング協会は、2009年に日本全国47都道府県から580人の発起人の賛同を受け、善意の資金(寄付から社会的投資まで含みます)10兆円時代の実現を目指して設立されました。民間非営利組織のファンドレイジング(資金集め)に関わる人々と、寄付など社会貢献に関心のある人々のためのNPOとして、認定ファンドレイザー資格制度やファンドレイジング・日本、寄付の教室の運営、寄付白書の発行などに取り組んでいます。
■参加・利用できるプログラム
教育プログラムの提供(寄付の教室・社会に貢献するワークショップ)、
研修への参加(社会貢献教育ファシリテーター研修

日本YMCA同盟 DEAR団体会員 <公益財団法人 日本YMCA同盟>
■連絡先・連絡方法 
〒160-0003 東京都新宿区本塩町7番地
Tel:03-5367-6640 Fax:03-5367-6641 E-mail: info@ymcajapan.org
URL:http://www.ymcajapan.org/
連絡時間帯・方法: 月~金の9:30~17:30 電話・FAX・メールで受付
代表者:島田茂 担当者:山根一毅
■活動内容 
YMCAは世界119の国と地域に広がる、キリスト教理念をもつ社会教育団体です。日本には211の拠点があります。「世界をみつめ地域に生きる」を標語に、人びとの全人的な成長を願い、子どもたちが豊かな心と体をもち、そして絶対的貧困と差別のない平和で民主的な社会が地球規模で創られることを目指しています。
■参加・利用できるプログラム
相談、講師派遣、教材・資料の閲覧、教材・資料の購入、入会、ボランティア参加、勉強会への参加、その他

ハンガーフリーワールド DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 ハンガー・フリー・ワールド >
■連絡先・連絡方法 
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
Tel: 03-3261-4700 Fax:03-3261-4701 E-mail: info@hungerfree.net
URL:http://www.hungerfree.net/
連絡時間帯・方法: 平日10:00~21:00 土10:00~18:00 電話・FAX・メールで受付
代表者:齊藤恵一郎 担当者:儘田(ままだ)由香
■活動内容 
飢餓のない世界を創るために活動する国際協力NGOです。飢餓に苦しむひとびとの「食べる」を取り巻く環境を変えていき、「生きる」力を育むことで、世界の「明日」へとつなげていくため、住民たちが自分の力で食べ物を得られるしくみや地域づくりに取り組んでいます。日本では私たちの暮らしや食生活と飢餓とのつながりを伝え、解決するために考え、行動を促すための活動をしています。ホームページから無料でダウンロードできる教材を提供している他、講演やワークショップを全国で実施していますので、詳しくはこちら(http://www.hungerfree.net/download/index.html)をご覧ください。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、教材・資料の閲覧、事務所訪問の受け入れ、イベント・セミナーへの参加、ボランティア参加、入会、メールマガジンの購読など

プラン・ジャパン DEAR団体会員 <公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン>
■連絡先・連絡方法 
〒154-8545 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル11階
Tel: 03-5481-0030 Fax: 03-5481-6200 E-mail: education@plan-international.jp
URL: http://www.plan-international.jp
連絡時間帯・方法: 月~金の9:00~17:30 電話・FAX・メールで受付
代表者:川上 隆朗 担当者:奈良崎 文乃
■活動内容 
子どもの権利を推進し、貧困や暴力のない公正な社会を実現する国際NGOです。世界70カ国で子どもとともに進める地域開発を実施。グローバルに展開するBecause I am a Girlキャンペーンでは貧困の中、社会的にも経済的にも、より困難に直面している女の子たちが、学校教育や生計向上など、生きていく力をつけるための活動を行っています。日本ではユースと連携した開発教育やアドボカシー活動に力を入れています。
■参加・利用できるプログラム
講師派遣、見学受入、教材・資料の頒布・配布・貸出、読書感想文コンクール、イベント・セミナーへの参加

青年海外協力協会(JOCA) DEAR団体会員 <公益社団法人 青年海外協力協会(JOCA)>
■連絡先・連絡方法 
〒102-0082 東京都千代田区一番町23番地3 日本生命一番町ビル5階
Tel:03-6261-0246 Fax:03-6261-0249 E-mail: bunka1@joca.or.jp
URL:http://www.joca.or.jp/
連絡時間帯・方法: 月~金9:30~17:30(土・日・祝日は休み) 電話・FAX・メールで受付
代表者:冨永純正(会長) 担当者:グローバル人材育成課 開発教育班
■活動内容 
JOCA(ジョカ)はJapan Overseas Cooperative Association(日本名:公益社団法人青年海外協力協会)の略称で、開発途上国の人々のために自分のもつ技術や経験を活かし活動してきた青年海外協力隊のOB・OGを中心に組織されている、内閣府認可の公益社団法人です。当会が推進する「地球生活体験学習」とは、海外ボランティア経験を社会還元するための学習プログラムです。地球に住むひとり一人の豊かな生き方を共に考え、世界平和に貢献することを目的としています。
■参加・利用できるプログラム
青年海外協力隊体験談講師派遣、国際理解教育/開発教育講座の提案・実施運営、青年海外協力隊参加者の経験をベースとしたオリジナル教材の販売、国際理解教材(各国の日用品や民族衣装など)の貸出

地球の木 DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 地球の木>
■連絡先・連絡方法 
〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町1-3-3フェニックス関内2F
Tel:045-228-1575 Fax:045-228-1578 E-mail:   URL:http://e-tree.jp/
連絡時間帯・方法: 月~金の10:00~18:00は電話受付、時間外はFAX・メールで受付
代表者:丸谷士都子 担当者:宮川祥子
■活動内容 
生協活動を通して日本の大量生産・消費・廃棄という生活が、途上国の環境破壊、人権侵害をひきおこしていることを知り、その解決のためには途上国の人々の支援と私たちの生活を見直す活動が必要と考え、設立に至りました。厳しい状況にある国の人々の生活向上のため、市民から市民への支援・交流をおこなっています。また、現地の人々の直面する問題と私たちの豊かな暮らしが深く関わっていることを学習し、日本社会、特に地域の人たちへも発信しています。
■参加・利用できるプログラム
相談、講師派遣、教材・資料の閲覧、教材・資料の購入、入会、ボランティア参加、勉強会への参加
その他(地球の木情報メールマガジンの購読)

日本YMCA同盟 DEAR団体会員 <公益財団法人 横浜YMCA>
■連絡先・連絡方法 
〒231-8458 神奈川県横浜市中区常盤町1-7
Tel:045-662-3721 Fax:045-651-0169 E-mail: kokusai@yokohamaymca.org
URL:http://www.yokohamaymca.org/
連絡時間帯・方法: 月~金の9:30~20:30 電話・FAX・メールで受付
代表者:田口努(総主事) 担当者:高村文子、大塚英彦(国際・地域事業)
■活動内容 
YMCAはキリスト教精神に基づき、世界119の国と地域に活動を展開している社会教育団体です。横浜YMCAは、神奈川県内に42の活動拠点と富士山麓にある野外教育施設で、スポーツ、語学教育、専門学校、保育などのプログラムを展開しています。人々との交わりを通して精神・知性・身体の向上を図り、 地球市民としてグローバルな人格を築き、社会や隣人に奉仕する人を育てることを目的としています。
■参加・利用できるプログラム
スポーツ、野外活動、語学、講演会・学習会、海外協力・ワークキャンプ・スタディツアー、ボランティア活動への参加。講師派遣、教材貸出・閲覧その他相談に応じます。

立正佼成会 一食平和基金 DEAR団体会員 <立正佼成会 一食平和基金>
■連絡先・連絡方法 
〒231-8458 東京都杉並区和田2-11-1
Tel:03-5341-1661 Fax:03-5341-1055 E-mail: info_ichijiki@ichijiki.org
URL:http://www.ichijiki.org/
連絡時間帯・方法: 平日9時~16時 メール・電話・ファクス・HPで受付
代表者:根本 昌廣 担当者:大井 佑記
■活動内容 
貧困や紛争下にある人々の痛みをわかちあうため、食事を抜いて彼らの幸せを祈り献金する「一食を捧げる運動」の献金を財源として、貧困(飢餓)の解消、教育・人材育成、緊急救援・復興支援等に取り組んでいる。
■参加・利用できるプログラム
一食を捧げる運動への参加 (「一食を捧げる運動」は、世界各地で苦しむ人々に思いをはせ、自らの食事を抜いて、抜いた一食分の金額をさまざまな支援活動に役立てる運動です。詳細につきましてはHPをご覧ください)

WVJ DEAR団体会員 <特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン>
■連絡先・連絡方法 
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8-3F
Tel:03-3367-7253 Fax:03-3367-7652 E-mail: school#worldvision.or.jp(#を@に変換)
URL:http://www.worldvision.jp/
連絡時間帯・方法: 月~金 9:30~19:00(土・日・祝日は休み)電話・FAX・メールで受付、時間外はFAX・メールで受付
代表者:片山信彦(常務理事・事務局長) 担当者:学校担当
■活動内容 
ワールド・ビジョン・ジャパンは、国連経済社会理事会に公認・登録された国際NGO、 ワールド・ビジョンを構成する日本の民間援助団体です。キリスト教精神に基づき、 開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行っています。 日本国内に住む子どもたちに国際協力への理解を広め、できることを考え、 行動していくことの大切さを伝える開発教育にも力を入れており、子ども向けイベントの開催、 派遣授業、事務所訪問などを行っています。
■参加・利用できるプログラム
入会、ボランティア参加、イベントへの参加、講師派遣、見学受付、教材・資料の閲覧・貸出

ページトップへ


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ