DEAR 開発教育協会

English 企業や団体の方へ DEARの活動に寄付する スタッフ・ブログ「教育NGOスタッフの日記」 DEAR公式ツイッター DEAR公式フェイスブック

DEARについて

DEARが推進する、開発教育や参加型学習のエッセンスをお伝えします。

DEARや開発教育に興味を持った皆さまのご応募・ご参加をお待ちしています。

DEARとサポーターの皆さまによる開発問題への取り組みをご紹介します。

開発教育リソースマップ-関西ブロック

開発教育リソースマップ・トップページ
北海道 東北 関東甲信越 東海 北陸 関西 中国 四国 九州・沖縄

関西ブロック ■ 関西ブロック

関西ブロックのページへようこそ!
滋賀県・大阪府・京都府・奈良県・和歌山県・兵庫県のグループを紹介しています。

» 関西ブロックのイベント情報をみる
» 関西ブロックのグループ・団体情報をみる

ページトップへ

イベント情報
■ 開発教育関係のイベント情報

掲載イベントには関西ブロック以外の方も参加できます。詳細については各主催団体へお問い合せください。
セミナー 2016年度第6回開発教育セミナー「政治って何なんだ!?~日本の戦後とこれから」
■日時:2016年12月10日(土)16時~11日(日)12時
■会場:関西セミナーハウス(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)
■参加費:10,500円(1泊2食込み)
■対象:開発教育に関心のある方、一般、学生
■内容:
誤解や偏見とともに語られがちなイスラーム。その寛容さや多様性について、私たちはどれくらい知っているでしょうか。今回のセミナーでは、これまでムスリムがヨーロッパ社会でどのようにくらしてきたか、混迷を極める中東やそこからあふれ出す難民の「今」をどのようにとらえたらいいのかを考えます。私たちがイスラーム世界に向き合うために、そして私たちの社会を見つめ直すために。
■講師:
内藤 正典さん(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科) 
■主催:
(公財)日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハウス活動センター 開発教育研究会
TEL: 075-711-2117 FAX: 075-701-5256 E-mail: office@academy-kansai.org
URL: http://www.academy-kansai.org
セミナー 地球市民を地域とともに育てよう part15「身近な題材から国際理解につなげる授業のつくり方」
■日時:2017年1月28日(土)10:30~16:45
■会場:ピアザ淡海3階305会議室(大津市におの浜1-1-20 琵琶湖ホール横)
■参加費:無料
■定員:40名
■講師:千葉保さん
元神奈川県小学校校長、元國學院大學文学部兼任講師。「使い捨てカメラ」「ハンバーガー・コネクション」の授業など、身近な題材を斬新な切り口で社会の問題へとつなぐ授業をつくりつづけてきた。
■内容:
自分たちの暮らしの中にある身近な題材を通じて、国際理解へと視野を広げ、地球規模的な課題解決に向けた教育活動へと進める実践者から、子どもたちが自ら学びを深めていく授業づくりについて学ぶことを目的に講座を開催します。
10:00~10:30 受付
10:30~10:40 開会 オリエンテーション
10:40~12:10 午前の部 「『カップ麺』や『コンビニ弁当』を通して、授業づくりや国際理解を考える」
12:10~13:30 昼食・休憩
13:30~16:30 午後の部 教材「写真で学ぼう!『地球の食卓』」を使って「食費が高騰すると、食はどう変化していくか?~世界の家族の食を見ながらグローバル化の功罪を考える ~」
16:30-16:45 アンケート記入・閉会
■申込み方法:
下記の内容を(公財)滋賀県国際協会まで、ファックスするか、Eメールにてお申し込みください。
≪必須内容≫
お名前(ふりがな)、連絡先(FAX、E-Mail)、所属先、ワークショップ体験歴
■申込・お問合せ先:
公益財団法人 滋賀県国際協会 
〒520-0801大津市におの浜1-1-20 ピアザ淡海2階
TEL: 077-526-0931 FAX: 077-510-0601 E-mail:omori@s-i-a.or.jp
URL: http://www.s-i-a.or.jp/news/workshop/2016Workshop.htm
セミナー 第一回阪大人科(じんか)サイエンスカフェ『21世紀の子どもたちの行方』
■日時:2017年1月29日(日)14:00~16:00
■会場:箕面市立多文化交流センター内コムカフェ(飲食店)
(箕面市小野原西5丁目2-36)
■参加費:無料(ただし1ドリンクはご注文願います)
※飲食物持ち込みはご遠慮願います。
■対象:中高生、中高生の子どもがいる方
■定員:40名(申込先着順)
■内容:
日本は女性の社会進出が非常に遅れていると言われています。世界経済フォーラムで報告された世界の男女平等報告書では、世界144ヵ国中なんと111位です。知らぬ間に日本は世界でもまれにみる特殊な国になってしまいました。今ある職業の半数近くが消滅すると言われる21世紀に日本の男子と女子はどうなるのでしょうか。世界的にみると実は問題は女子ではなくて‥。
■講演者:
山中浩司 (大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門は医療社会学、科学社会学。ここ7年ほど「生き方死に方を考える社会フォーラム」(http://ikikata-forum.com/)を不定期に開催して、高齢社会と終末期医療、男 性問題などを一般の方といっしょに議論しています)
古川岳志 (大阪大学非常勤講師。専門は文化社会学、スポーツ社会学。「高齢男性のたまり場」である競輪場でフィールドワークを続けている。「生き方死に方を考える社会フォーラム」の中心メンバーの一人)
■主催:大阪大学大学院人間科学研究科附属未来共創センター
■共催:箕面市立多文化交流センター
(指定管理者:公益財団法人箕面市国際交流協会(MAFGA))
■申込・お問合せ先:
公益財団法人 箕面市国際交流協会(MAFGA)
TEL:072-727-6912  E-mail:info@mafga.or.jp
※名前・学年・連絡先をおしらせください。

ページトップへ

グループ・団体情報
■ 開発教育に取り組むグループ・団体の情報

DEAR団体会員 <国際理解研究会みなみの風>
■連絡先・連絡方法 
〒524-0022 滋賀県守山市守山2-10-8
Tel:077-575-5557 E-mail:kazz25#yahoo.co.jp(#を@に変換してください) URL: http://www.jtw.zaq.ne.jp/cfghh600/
連絡時間帯・方法:いつでもメールでご連絡ください
代表者:林良昭 担当者:大槻一彦
■活動内容 
国際理解、開発教育に関する新しい教材作りと、その教材を使っての講師活動をしています。子どもからご高齢の方まで、強い興味をお持ちの方からまったくの初心者まで、どのような方でも。学校でも、職場でも、大きなセミナーからちょっとした勉強会まで。気軽に楽しみながら気付き、学び、次の行動につながる参加型ワークショップの場を作れるよう、私たち自身も日々前進してます。
■参加・利用できるプログラム
セミナーの講師として参加型ワークショップを進行させていただく、勉強会に同席させていただくなど、どんな形でも行かせていただきます。また、教材をお探しの場合、授業案を思案中などの場合にも、ご相談に応じさせていただきます。

滋賀県国際協会 DEAR団体会員 <公益財団法人 滋賀県国際協会>
■連絡先・連絡方法 
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜1-1-20 ピアザ淡海2階
Tel:077-526-0931 Fax:077-510-0601 E-mail:omori@s-i-a.or.jp URL:http://www.s-i-a.or.jp/
連絡時間帯・方法:日~金8:30~17:15(土・祝日休)
代表者:山田 督(会長) 担当者:大森容子
■活動内容 
当協会が事務局をもつ「国際教育研究会 Glocal net Shiga」では、『多様性の尊重』『多文化共生社会づくり』『相互依存関係の理解』『公平・平和な社会づくり』をねらいとし、研究を行なっています。これまでにオリジナル教材として「ブラジルボックス」「非識字体験ゲーム『ここは、何色?』『はじめてのお見舞い』」「言葉がわからない体験ゲーム『何が起こった?(震災編)』「わたしん家の食事から カードゲーム版」を開発してきました。
■参加・利用できるプログラム
相談、講師派遣、教材・資料の閲覧、教材・資料の購入、入会、ボランティア参加、勉強会への参加

関西セミナーハウス DEAR団体会員 <公益財団法人 日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハウス活動センター>
■連絡先・連絡方法 
〒606-8134 京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町23 関西セミナーハウス内
Tel: 075-711-2117 Fax: 075-701-5256 E-mail: office@academy-kansai.org
URL:http://www.academy-kansai.org/
連絡時間帯・方法:9:00~17:00(不在時は留守電) 電話・メール・ファクスで受付
代表者:榎本栄次(所長) 担当者:都木かおり
■活動内容 
当センターの主要プログラムの一つとして「開発教育セミナー」を年6回実施しています。緑に恵まれた施設で1泊2日を共にしながら、安心して発言できる雰囲気で、人権・平和・環境・開発などの地球的課題に取り組み、教材やアクションプラン作りをめざしています。しなやかで元気の出る学びの場を、皆さんの「参加」でつくっていきましょう。スタディツアーや、1日研修の場合もあります。宿泊研修施設はどなたでも利用できます。
■参加・利用できるプログラム
教材・資料の購入、勉強会への参加、入会、その他(メールマガジン登録)

ページトップへ


home
教材・資料
イベント&ワークショップ
講師派遣
寄付する
お問合せ