開催概要

日程

2017年8月5日(土)、6日(日)の2日間
(5日は10時~18時、6日は10時~16時)

会場

JICA地球ひろば JICA地球ひろば
交 通:JR中央線・総武線・地下鉄南北線・有楽町線・都営新宿線「市ヶ谷」駅下車徒歩10分
所在地:東京都新宿区市谷本村町10-5(google map
駅から建物までは登りの急坂です。駅周辺に飲食店が多数あります。
世界の料理を楽しめる会場内の「J'S cafe」も両日ご利用いただけます。

参加費

2日間参加:一般8,000円(会員6,000円/学生4,000円/高校生以下2,000円)
1日のみ参加:一般4,000円(会員3,000円/学生2,000円/高校生以下1,000円)
※参加費は事前支払制です

プログラム

1日目 8月5日(土)9:30受付開始

10:00~11:45
ワークショップ体験
(6コマ)
A. 開発教育入門講座(DEAR入門講座チーム)
B. 豊かさと開発(近藤 牧子/DEAR評議員、西 あい/DEAR事業コーディネーター)
C. 18歳選挙権と市民教育(松倉 紗野香/中学校教員)
D. 「援助」する前に考えよう(田中 治彦/DEAR理事)
E. 世界がもし100人の村だったら(八木 亜紀子/DEAR事業主任)
F. 地球の食卓(上條 直美/DEAR代表理事)
11:45~13:00
昼食・休憩
会場内の食堂「J's cafe」もご利用できます。また周辺にも飲食店や売店が多数あります。
休憩時間には開発教育や関連の教材・書籍等を展示・販売します。
13:00~15:10
開会式+パネルトーク
テーマ:グローバル時代の「豊かさ」を考える
開会挨拶:上條 直美(特定非営利活動法人 開発教育協会代表理事)
ゲスト:湯本 浩之(宇都宮大学)、小泉 雅弘(さっぽろ自由学校「遊」)他
18:30~20:00
交流会
[自由参加、参加費別途]
軽食とドリンクをご用意。全国から集まる参加者との出会いと交流をお楽しみください。

2日目 8月6日(日)9:30受付開始

10:00~15:00
課題別分科会&
フィールドワーク
第1分科会「「多文化共生」と日本語教育―批判的視点から考える―」
ゲスト:山田泉(元法政大学キャリアデザイン学部教授)、加藤丈太郎(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程)、田中宝紀(NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部統括コーディネーター)、飛田勘文(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手)
第2分科会「どうする!?オリパラ~2020年オリンピック・パラリンピックから世界・社会の見方を広げよう~」
ゲスト:羽仁 カンタ(iPledge代表、持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク代表)
第3分科会「SDGsを教室へ!」
ゲスト:黒田 かをり(CSOネットワーク)、佐野 秀武(上尾市立東中学校)、山﨑 瑛莉(上智大学グローバル教育センター)
第4分科会「社会づくりとアクション~どうやってみんなで動こうか?~」
ゲスト:安納 献(NVC=非暴力コミュニケーション活動家)、大澤 祥子(コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン/ちゃぶ台返し女子アクション)
フィールドワーク「東京にも「公害」があるの? 私の住むまちの開発を考える」
ゲスト:石川 牧子(東京公害患者と家族の会副会長)、大越 稔秋(東京公害患者と家族の会副会長、公害対策まちづくり委員長)
15:15~16:00 全体会・閉会式
2日間の学びや気付きを参加者同士で共有します。

開催要項(ちらし)

PDF(1.5MB/A4縦3枚)をダウンロードしてご利用ください

これまでの全研の様子

・2016年開催 第35回開発教育全国研究集会レポート(東京・JICA地球ひろば)
・2015年開催 第33回開発教育全国研究集会レポート(札幌・北海道大学)
・2014年開催 第32回開発教育全国研究集会レポート(東京・聖心女子大学)
・2013年開催 第31回開発教育全国研究集会レポート(富山・富山高専)

↑ ページトップへ