2017年8月5・6日開催! 開発教育全国研究集会

8/5(土)1日目のプログラム

8/5(土)1日目のプログラム

ワークショップ体験・全体会・自主ラウンドテーブルなどを開催します

詳細を確認する

8/6(日)2日目のプログラム

8/6(日)2日目のプログラム

分科会・フィールドスタディなどを開催します

詳細を確認する

参加申込・参加費のお支払い

参加申込・参加費のお支払い

参加・出展のお申込み・参加費のお支払い方法はこちら

詳細を確認する

更新情報

・7月21日(金)ワークショップA「入門講座」とB「豊かさと開発」は定員に達したため締切りました
・7月21日(金)ワークショップF「地球の食卓」は残席わずかです
・7月14日(金)自主ラウンドテーブルの時間割を掲載しました
・7月13日(木)ワークショップA「入門講座」とB「豊かさと開発」は残席わずかです
・7月10日(月)第3分科会「SDGsを教室へ!」は定員に達したため締切りました
・7月6日(木)第3分科会「SDGsを教室へ!」残席わずかです
・6月15日(水)ウェブサイトを公開しました

第35回開発教育全国研究集会 2017年8月5・6日(土・日) 会場:JICA地球ひろば(東京・市ヶ谷)

日本ではじめて開発教育が紹介されてから約40年経過した現在、国際協力や教育の現場でその取り組みは広がっています。本研究集会は、開発教育の取り組みをより多くの方と共有し、広げていくことと、関連分野とも連携しながら、その取り組みを深めていくことの2つを目指しています。

第35回目となる今年の開発教育全国研究集会は、この35年の間に起こった出来事とともに今までの開発教育の実践を振り返りながら、これからの開発教育の方向性を見いだせるような意見交換を目指します。全体会では「グローバル時代の『豊かさ』を考える」をテーマに、「人々を幸せにする豊かさとは何か」について参加者の皆様と一緒に考えたいと思います。

また、分科会では参加者の経験交流・意見交換を中心に据えながら、5つのテーマについて議論を深めます。公正で持続可能な社会づくりのために、開発教育が果たすべき役割や今後の展望について考え、多様な取り組みを共有します。

[主催]第35回開発教育全国研究集会実行委員会、NPO法人開発教育協会
[後援]文部科学省、外務省、環境省、特定非営利活動法人 関西NGO協議会、特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター、JICA地球ひろば、一般財団法人自治体国際化協会、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク、ESD活動支援センター、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター、他(申請中を含む)

↑ ページトップへ